ドラクエウォーク ベータ報告2

皆さんこんにちは。
2回目のドラクエウォークのベータ報告です。
3日目までの様子をどうぞー。

 


6月12日
ベータプレイ2日目

 

この日はあまり遊ぶ時間が取れずに20分程度しか遊べませんでした。
アプリを立ち上げると2日目のログインボーナスが貰えます。
起動しただけでアイテムが貰えるのはポケモンGOとの違いかな。

クエストを進めたら仲間の女が加入。


名前とグラフィックはランダムらしい。(メニューで変更が可能)
パーティが2人になったことで戦略の幅が広がるのかな。
しかしメニューというかデザインというかが星のドラゴンクエストにすごく似ているのが気になるところ……
遊んだ時間が物足りなかったので自宅で起動してみると、モンスターが勝手に出現する。ポケモンGOよりモンスターの発生が多いので全く移動しなくても何度か戦闘が可能。
アイテムの「においぶくろ」(5分間モンスターが出現しやすくなる)を使えば動かなくても遊べる。
戦闘はまだオートバトルででなんとかなる感じ。

 


6月13日
ベータプレイ3日目

 

この日は1時間ほど遊んでみました。
おなじみのログインボーナスをもらい、今日もサクサク進んでいくか〜
……と思ったのだが、このあたりから敵が強くなりストレス無く進むことが難しくなってきました。
クエスト2〜3回に1度の割合でボスと戦うのだけど、これがかなり厳しい。


こんなふうにギリギリのバトル。辛勝という言葉がふさわしいですね。

もっとサクサク進まないかな〜と考えると、ほとんど装備を強化していないことに気がつきました。
装備の入手は職人でもドロップアイテムでもなく『ガチャ』で強くしていきます。
クエスト進めると一応武器防具を貰えるんですが強さを示す★は2個。
ガチャは最低でも★3、最高で★5。当然のようにガチャを引くことが強化に繋がります。
ガチャを1回引くためにはジェム300個、もしくはふくびき補助券10枚が必要。
これらはクエストクリアやログインボーナスでもらうことができます。
いくつか貯まっていたので早速引いて強化しましょう。

ガチャの画面ではスライムが宝箱を持って祭壇に捧げ、箱が開かれて武器防具が出てきます。
箱の種類は銀箱(★3)、金箱(★4)、虹箱(★5)があるもよう。


夜空にスライム型の星座があったり、流星群が流れるとチャンスアップ!
宝箱の色が途中で変わる演出も!

……ってこれ完全にパチンコのチャンスアップ演出と同じやないかーい!!


そんなガチャ回してほしいのか!?

という感想を持ちつつも宝箱を開いていくと武器防具が出てきたようです。
しかし1番強い★5装備は1個だけ。


★5オノを当てることができました。

確かになかなか強そうではあります。
さっそく先程当てた★5装備を鉱石で強化します。
回復ポイントなどで拾うことができるぶき鉱石を★5オノに使うと攻撃力が更にアップするのです。
この辺が本当に星ドラだなぁ。

ガチャで強化した後はさすがにパーティの戦力もアップして、クエストも進むようになりました。

しかしベータ3日目にして「このゲーム、ガチャありきなのでは?」という疑念が湧き上がってまいりました。

 

 

良いと思った点
ウォークモード

画面右下のウォークモードに設定すると歩いている最中に勝手に敵と戦闘してくれます。
アプリ立ち上げながらスマホをバッグやポケットにでも入れて歩けば経験値やゴールドを稼いでくれます。
プレイヤーが低レベルなので作戦も適当で全滅の心配もなくサクサクですが、これが高レベルになるとどうなるかは不明です。
自動で戦闘はしてくれますが、回復ポイントは自動回収してくれませんので注意が必要かも。

 

 

イマイチと思った点

SNSとの親和性がイマイチ。
ポケモンGOが人気を保っている要素の一つにマップのスクショを気軽にネットにアップできることがあると思うんですよね。
よほど地元民撮影したときに場所が特定されにくい点があると思います。
しかしドラクエウォークの場合、マップ上に施設の名前がバッチリ表示されてしまっています。
(例:「セブンイレブン○○店」「ラーメン○○」「○○自動車工場」)
プレイヤーの活動範囲や住んでいる場所を推定されやすく、ドラクエウォークの場合はプレイ中のスクショをネットにはアップしにくいなぁと思います。

準備作業が煩雑かも
クエストがすすみ、パーティの人数が増えてがジェムもたまってくると、
装備を整えたり
ガチャを引いたり
武器防具を強化したり
モンスターのこころを整理したり
アイテムを使ったり
するのが正直煩雑になってきました。
これからパーティが3人、4人となるごとに手間が増えるのかなぁというのが感想。
裏を返せば戦略の幅が広がり綿密な戦略を練ることができるという見方もできますでしょうが、これだけの操作が求められると外出先でサクッと遊ぶというのには向いてないかなぁ……

 

キミー * ドラクエウォーク * 07:28 * - * -

ドラクエウォーク ベータ報告1

みなさんお久しぶりでございます。
ブログを書かずにいたら、いつの間にか元号も変わってしまいました。
どうしたものかな〜と思っていたのところに、ドラゴンクエストウォークのベータが当選しました。
ちょうどいい機会なのでドラクエウォークを使ってみた簡単な感想とウォーキング報告みたいなものを期間限定でお届けできればと思います。
興味のある方はぜひご覧くださいませ〜

 

 

6月11日
ベータプレイ初日


ゲーム自体は午前11時頃から遊べたらしいけど、私がアプリを初起動したのは仕事が終わってから。
まずは実家近くで少しいじってみようと思いました。

 

ゲームを起動するとキャラメイク。

名前、性別、外見を設定します。

プクリポなどは選べず人間一択なのが少し残念。

複雑なストーリーはなく、5分もすれば歩き始めることができます。

 

目的地を設定

そこまで歩く

そこでクエスト消化(会話や戦闘など)

クリア・次のクエストへ

目的地を設定

 

というのが基本的な流れ。

目的地は地図上の現在地の近くから自分で選択します。

(都合が悪い場所であれば選択し直すことも可能)

 

 

歩き始めるとスライムやドラキーが出現し、タップすると戦闘開始。

始めたばかりなので難しい戦略は必要なく、オートバトルボタンをポチればすぐに倒せて戦闘が終わります。

何匹か倒すと例の音が流れてレベルがアップ。ステータスがアップします。

 

途中で雨が降ってきたので30分ほど実家近くを歩き回った結果、レベルは5まで育ちました。

ベータは16日までと短い期間ですが、できるだけ毎日触れてみたいと思います。

最後に今回気がついた良かった所、イマイチな部分を紹介します。

ベータ最終日には、まとめも書きたいですね。

久々のブログにお付き合いくださいましてありがとうございました!

 

 

 良い所

・田舎にも配慮されている

スマホ位置情報ゲームの絶対的王者に君臨するポケモンGOですが、

リリース直後からの不満点に「地域格差」があります。

アイテムやモンスタボールを手に入れることができるポケストップが都市部に集中しており、

郊外や人口密度の低いいわゆる田舎ではポケストップが殆どありません。

ポケストップ自体は増えたものの、現在でも純然たる地域格差は残ったままです。

ドラクエウォークは地域格差に配慮されており、田舎でも回復ポイント(ポケモンGOでいうポケストップ)がたくさん存在しているため、ポケモンGOを比較して地域格差が少なくなっている気がします。

 

 

 イマイチな所

・通信が安定しなかった。

私のプレイ環境がボロボロのiPhone7+格安回線(mineo)という恵まれない環境もあってか、

一部クエストからの場面転換のロードに非常に時間がかかることがありました。

(具体的に言うとイベント会話→ボス戦への移行するとき。)

その場所から動くわけにもいかず、道端に怪しいおっさんがボーッと突っ立っているという状況になってしまいました。

この症状は何度もアプリを再起動することでようやく解消されました。正直かなりのストレスになりました。

キミー * ドラクエウォーク * 20:50 * - * -

2018年の振り返り

皆さんこんにちは。
お久しぶりでございます。

 

もう2018年も残すところ半月となりました。
いかがお過ごしでしょうか。

ドラクエ10やってますか??
私は今年1年でこのゲームに6000円位課金しました。
つまり、まるまる半年は課金が切れていたんですね💦

 

プレイ時間は元旦から12月15日まで合計130時間です。
便利ツールや広場を見ていた時間も同じくらいで、サブも少しいじりましたので、
ドラクエ10に使ったのは合計で250〜300時間。平均すると1日1時間くらいドラクエ10に使ったことになるのでしょうか。

全盛期はプレイ時間とツール・サブいじりブログ執筆、合わせて2500時間くらいだったので、ずいぶんおとなしくなったもんだと思います。(それにしてもひどい数字だ。)

 

そんなログイン時間は短い1年でしたが、ドラクエ10内においては目標としていたものを2つ成し遂げることができました。

一つはゴールドのカンスト。

9億9999万9999ゴールドまでゴールドを貯めることができました。
ふくびきぶん回したりツールを使ってお金を貯めたりという地道な努力が実を結んだと思っています。数字がカンストを示す黄色い文字になったときは感動しましたね。

 

もう一つはふくびきで特等を当てたこと。
ずーっと当たってほしかったのですが、こればかりはサービス終了まで無理だと思っていました。その分の当てたときの驚きは大変なものがありました。
当てた瞬間スクリーンショットをプッシュして、特等玉の撮影にも成功することができました。

(結構貴重な画像だと思います!)

 

 

これらを達成できたのでゲームの中では思い残すことはほとんどなくなりました。
来年も今年と同じくらいの緩いペースで楽しめたら良いなと考えています。

 

最後に2019年にドラクエ10で起こるかもしれない事件(?)を予言して終わりにしようと思います。
それは「有償ジェム」を使ったコンテンツの登場です。
すでに有名ソシャゲにも「有償ガチャ」という名前で実装されている手法ですが、これは課金しないと回すことができないガチャのことです。
無料で入手できるログインボーナスでは回すことができないぶん、かなりいいアイテムやキャラを手に入れることができます。
これがドラクエ10の超便利ツールにも何らかの形で実装されるのではないかと思っています。

 

ドラクエ10はサービス開始から7年目に突入し、本格的に人が減っていく時期に突入していると思います。新しい需要が掘り起こせないのであれば現在のユーザーからお金を搾り取りに行くことが最も有効だと思います。
その手段の一つが有償ジェムを使ったサービスの実装だと考えています。
あくまで予想でしかありませんし、外れてほしいと願うばかりですがどうなりますやら……

 

 

それでは皆様、ちょっと早いですが良いお年を。
今年と来年が素晴らしい年でありますように。

キミー * 日記 * 13:23 * - * -
このページの先頭へ