<< 2018年の振り返り | main | ドラクエウォーク ベータ報告2 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ドラクエウォーク ベータ報告1

みなさんお久しぶりでございます。
ブログを書かずにいたら、いつの間にか元号も変わってしまいました。
どうしたものかな〜と思っていたのところに、ドラゴンクエストウォークのベータが当選しました。
ちょうどいい機会なのでドラクエウォークを使ってみた簡単な感想とウォーキング報告みたいなものを期間限定でお届けできればと思います。
興味のある方はぜひご覧くださいませ〜

 

 

6月11日
ベータプレイ初日


ゲーム自体は午前11時頃から遊べたらしいけど、私がアプリを初起動したのは仕事が終わってから。
まずは実家近くで少しいじってみようと思いました。

 

ゲームを起動するとキャラメイク。

名前、性別、外見を設定します。

プクリポなどは選べず人間一択なのが少し残念。

複雑なストーリーはなく、5分もすれば歩き始めることができます。

 

目的地を設定

そこまで歩く

そこでクエスト消化(会話や戦闘など)

クリア・次のクエストへ

目的地を設定

 

というのが基本的な流れ。

目的地は地図上の現在地の近くから自分で選択します。

(都合が悪い場所であれば選択し直すことも可能)

 

 

歩き始めるとスライムやドラキーが出現し、タップすると戦闘開始。

始めたばかりなので難しい戦略は必要なく、オートバトルボタンをポチればすぐに倒せて戦闘が終わります。

何匹か倒すと例の音が流れてレベルがアップ。ステータスがアップします。

 

途中で雨が降ってきたので30分ほど実家近くを歩き回った結果、レベルは5まで育ちました。

ベータは16日までと短い期間ですが、できるだけ毎日触れてみたいと思います。

最後に今回気がついた良かった所、イマイチな部分を紹介します。

ベータ最終日には、まとめも書きたいですね。

久々のブログにお付き合いくださいましてありがとうございました!

 

 

 良い所

・田舎にも配慮されている

スマホ位置情報ゲームの絶対的王者に君臨するポケモンGOですが、

リリース直後からの不満点に「地域格差」があります。

アイテムやモンスタボールを手に入れることができるポケストップが都市部に集中しており、

郊外や人口密度の低いいわゆる田舎ではポケストップが殆どありません。

ポケストップ自体は増えたものの、現在でも純然たる地域格差は残ったままです。

ドラクエウォークは地域格差に配慮されており、田舎でも回復ポイント(ポケモンGOでいうポケストップ)がたくさん存在しているため、ポケモンGOを比較して地域格差が少なくなっている気がします。

 

 

 イマイチな所

・通信が安定しなかった。

私のプレイ環境がボロボロのiPhone7+格安回線(mineo)という恵まれない環境もあってか、

一部クエストからの場面転換のロードに非常に時間がかかることがありました。

(具体的に言うとイベント会話→ボス戦への移行するとき。)

その場所から動くわけにもいかず、道端に怪しいおっさんがボーッと突っ立っているという状況になってしまいました。

この症状は何度もアプリを再起動することでようやく解消されました。正直かなりのストレスになりました。

キミー * ドラクエウォーク * 20:50 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:50 * - * -
このページの先頭へ