輝晶獣の炎上は想定内? 5つの仮説

みなさんこんにちは。
40垢エアプマンです。

 

新型肺炎が怖いですね。周りのドラッグストアからマスクが消えています。
入念な手洗いとうがいをしっかりしましょう。

 

私は相変わらずネット環境がいまいち整わないため、魔界的ギスギスゲームドラゴンクエスト10をキッズタイムですらプレイできずにヤキモキしております。

 

しかし今回のアプデは個人的にはかなり神。
便利ツールにおでかけラリーという機能が実装されたためです。
スマホの歩数情報とリンクしていて、1週間の歩数によってアイテムなどがもらえるそうです。(日曜の6時にリセット)
ドラクエウォークもしていてダイエット中の自分にはもってこいの機能です。
じゃんじゃん歩いてアイテムゲットしたいですね〜
もらえるアイテム次第ではかなり気合を入れて頑張りたいです。


さて、5.1の真の目玉コンテンツの輝晶獣関係です。
これが予想通りというかなんというか、やっぱり炎上しております。

実装前の告知の段階からシンボル取り合いのギスギスオンラインが待ち構えているのがわかりきっていたはずなんですが、アプデ後に当然のように現出したのは輝晶獣と闘っているパーティーを無言で取り囲み、ひたすら全滅を願う数多のキャラクターたちという魔界的ギスギスゲーム。
こんなもん燃えるに決まっているんですが、なんで実装したんでしょうか。

 

ざっと5つの仮説を立ててみました

 

 

仮説A
制作陣に懐古趣味の人物がいる説 

20年ほど前のネットゲームはモンスターの取り合い、奪い合い、狩場占領などが日常茶飯事でした。
そんなゲームで青春時代を過した人物がドラ10制作陣にいるのでは?という説。
あの時代のワクワク感をもう一度!ということでこのシステムを実装したのかもしれません。
20年前のネトゲプレイヤーであれば40〜50歳になっていることでしょう。
会社の組織内であればかなり上の方の人なので、「こんなん絶対ギスりますやん……」という部下たちは声をあげることができません。

 


仮説B
とくに考えてなかった説

なんか面白そうだから実装したという小学生レベルの説。
しかしこれがわりかしありそうだから困ります
今までの考えなしに実装→即修正を親の顔より見てきたプレイヤーならば同意してくれるのではないでしょうか。

 


仮説C
絆を深めてほしかった説

輝晶獣は強敵だと聞きます。サポートでは太刀打ちが難しい場合もあり、ほぼ必然的に他のプレイヤーとパーティーを組むことになります。
肉入りパーティーで激闘を続けることで絆が深まり、より強くドラクエ10の世界に没入することが出来ます。
この素晴らしい体験を運営は狙っていたんじゃないでしょうか。

 


仮説D
経済格差を解消するため説

輝晶獣のコンテンツのゴールは武器の強化です。
MAXまで強化すると高額のゴールドがかかります。
一部の富裕層からお金を回収するために作られたものなのでは?という説。

 


仮説E
将来課金要素をぶっ込む説

現在炎上しているのはすべて計算済み
今の不便で窮屈な状況は課金をすることで開放される―
ジェムになるかショップになるかわかりませんが、このコンテンツを有利にすすめる権利や香水などがリアルマネーで販売される予定があるために、今の炎上はむしろ喜ばしいことと運営は考えている。

 

 

どうぞ好きなのをお選びください。
ちなみに私は仮説Bをつよく推します。
仮説Eがやってきたら色んな意味で運営を見直します。

キミー * スカスカ考察 * 07:44 * - * -
このページの先頭へ